プログラマの仕事はハードだとよく耳にします。その為慢性的にプログラマ不足の企業も多いようです。
必ずしもどこの企業も同じような労働条件ではありませんが、多くの場合、時間的にも仕事量的にもプログラマの負担は大きいようです。
企業によってはプログラマの負担を軽くするように配慮されているところもあります。
このような企業の場合、未経験者のプログラマを育てることも大切に考えているところも多いのです。

未経験のプログラマを育てるには、、どのような利点が企業にはあるのでしょうか。
それは現在プログラマとして働いている人が、さらにスキルアップ、キャリアアップを目指すことが出来る、ということです。
数年後の自分の仕事を考えたときに、将来の希望が持てる会社であれば長く勤務する人も増えます。

長く務める人が多い企業は、息の長い企業になります。
よく求人誌でもずっと求人が出ている企業に対しては、不安を感じると思います。
ですがなかなか人が辞めない会社というのは、働いている人にとって魅力的な会社なのではないかと思うからです。

このような魅力のある会社は、社会の中でも魅力的な企業になります。
そのため、未経験者を育てよう、長く勤務してもらおうという考えを持っている企業を選ぶことが、未経験で仕事を見つける時の大切なポイントの一つになります。
また、javaのスキル習得など自分自身も努力する必要がありますが、このような企業の場合、努力は何かの形で報われることが多いので、やりがいも感じられるのではないでしょうか。
未経験だからと最初から諦めるのではなく、いろんな企業の情報を積極的に集めることで、このような企業と出会うことが可能なのだと思います。

コメントを残す